TEL Instagram
Column

コラム

トップ コラム 自分に合った歯ブラシの選び方を知ってむし歯・歯周病対策をしよう

自分に合った歯ブラシの選び方を知ってむし歯・歯周病対策をしよう

むし歯や歯周病を予防したいと思うなら、歯ブラシ選びは重要です。
スーパーやドラッグストアに行っても、そこまで歯ブラシの機能にこだわっている方は少ないのではないでしょうか。
こちらの記事では、健康な歯を維持するためにも、正しい歯ブラシの選び方についてご紹介していきます。

汚れを落とすなら硬めを選ぶ

歯磨きをしているものの、なんだか歯垢がまだ残っている感じがすると思っている方は硬めを選びましょう。
ふつうでも問題ありませんが、しっかりと汚れを落としたいのであれば硬さは重要です。
ただ、普段から結構歯磨きをする際に力を入れてしまう方は、逆に歯ぐきを傷付いてしまうので良くありません。
そこまで力を入れるわけではなく、歯垢をしっかりと取りたい方は硬めを選びましょう。

出血しやすい人は柔らかめ

つい歯ぐきに力を入れてしまい、血が出てきてしまう方や歯周病でも重いと言われている方は柔らかめがおすすめです。
優しくソフトなブラシになっているため、多少力が入っても歯ぐきを傷付けることはありません。
その代わり、歯垢の落ちも硬めに比べると劣ってしまうため、少し長い時間磨くことが必要です。

汚れを落とすなら毛先にもこだわる

どの歯ブラシも毛先が一緒ではなく、それぞれ違う形状になっています。
全体的に丸くなっている円状のものや先が細くなっているテーパードなど、さまざまです。
しっかりと歯垢を落としたいと考えているのであれば、円状の毛先を選ぶと良いでしょう。
ほかにも、毛先が真っ直ぐになっている水平のものも比較的歯垢が落ちやすいです。
テーパードは、毛先が細くなっている分、歯と歯ぐきなどの歯垢の落ちが良いです。

より細かく汚れを落としたい時は電動ブラシもおすすめ

歯ブラシでも、使い方を間違えなければ十分に歯垢を落とせます。
しかし、力をあまり入れずにしっかりと汚れを落としたいと考えているのであれば、電動ブラシもおすすめです。
自分で小刻みに1本の歯を20回以上磨かなくても、電動の振動が歯石汚れをきれいにしてくれます。
使い方も難しくないため、予算に余裕がある方におすすめです。

まとめ

歯ブラシを選ぶ時には、自分に合った硬さや形状などに注目して、より合ったものを選びましょう。
女性は男性に比べると口が小さいため、ヘッドは小さめが使いやすいです。
大きいと奥まで入れた時にしっかりと歯に届かないので、歯垢がそのままくっついた状態になってしまいます。
歯周病予防を考えている場合は、毛先の細さにも注目してみましょう。
より細い毛になっていると、歯と歯ぐきの間も磨きやすく、汚れ落ちが変わります。

健康で長生きしたいならまず歯を健康に

歯ぐきの健康を守るためには歯磨きが大事!定期検診やクリーニングも受けよう!

コラム一覧に戻る

お問い合わせ・ご予約
(予約優先/急患随時対応)

Tel.076-263-1166 ※電話の当日受付は17:30まで 診療時間/アクセスはこちら