TEL Instagram
Column

コラム

トップ コラム 唾液にはこんなにたくさんの大切な働きがあった

唾液にはこんなにたくさんの大切な働きがあった

当たり前のように口の中に溢れてくる唾液ですが、実はとても重要な働きを担っています。
健康のために欠かせない唾液について、たくさんの効能について見ていきましょう。

消化を助けてくれる

唾液腺から分泌される唾液には、消化酵素アミラーゼという成分が含まれています。
口の中で食べ物をほおばり咀嚼して飲み込みますが、唾液が少ない人は消化がうまくいきません。
なぜなら、消化酵素アミラーゼが足りないため、食べ物がうまく麦芽糖に分解されないからです。
アミラーゼは、口の中で食べ物と混ざり合いでんぷんと反応して、消化吸収を助けているのです。
正常に唾液分泌されることは、消化サポートにも大いに役立っていると言えます。

口の中の殺菌やウイルス対抗

口呼吸をしていると、外からさまざまなウイルスが入ってくるのは仕方ありません。
また、いろいろなものを食べることで、口の中には食べカスなどの菌も増えてしまいます。
唾液には、リゾチームやペルオキシダーゼ、ラクトフェリンといった成分が含まれています。
これらは口腔内の菌を殺す力があるのです。
また、口内フローラの一つである乳酸菌により、インフルエンザや風邪菌にもしっかり抵抗してくれます。
唾液があるからこそ、細菌や病原菌に負けずに健康でいることができます。

組織修復効果

昔から、「ケガをしたところには唾を付けておきなさい」とよく言われます。
これは冗談ではなく、実際に唾液には上皮成長因子と神経成長因子が含まれているので、組織修復をする力があるのです。
親知らずを抜いたり口内炎ができたり、口の中にもなんらかの傷ができることがあります。
しかしながら、唾液の組織修復効果のおかげで傷口は治癒されていきます。
口の中の傷は治りやすいとも言われるのは唾液のおかげです。

潤滑

唾液の役目として、口の中に潤いを与える要素も大きいです。
潤滑効能と呼ばれますが、これがなければ歯と歯が摩擦してしまいます。
潤うからこそ舌の動きや喉も正常に働いて、言葉を上手に発することができます。
歯が摩擦すると表面のエナメルが落ちてしまい歯が脆くなるでしょう。
むし歯にもなりやすくなります。
唾液の潤滑力で、食事やおしゃべりが楽しくできているのです。

まとめ

非常にさまざまな効能が唾液にはあることがわかりました。
唾液が不足するとドライマウスになり免疫も落ちますし、口臭も起きやすくなるので注意しなければなりません。
まさに唾液は、人間が日々健康に生きていくために欠かせない重要な存在と言えます。

親知らずの抜歯は必ずしなければならない?親知らずの抜歯後の注意点について

むし歯になりやすい年齢っていつ?

コラム一覧に戻る

お問い合わせ・ご予約
(予約優先/急患随時対応)

Tel.076-263-1166 ※電話の当日受付は17:30まで 診療時間/アクセスはこちら