TEL Instagram
Column

コラム

トップ コラム うがい薬はむし歯ケアに役立つ?それとも逆効果?

うがい薬はむし歯ケアに役立つ?それとも逆効果?

風邪の予防に役立つとされているのがうがい薬です。
近年は流行り病が話題になりやすく、普段からケアするためにうがい薬を常備するようになったというご家庭も多いでしょう。
ところで、このうがい薬はいわば口内環境を清潔に保つものです。
ならば、うがい薬がむし歯予防に役立つという可能性はないのでしょうか。

うがい薬はむし歯予防になる?

市販されているうがい薬はヨウ素という成分が含まれています。
小学生の理科の実験で、ヨウ素液にジャガイモを浸すと色が変わるという様子を見たことがある方も多いかもしれません。
このヨウ素には殺菌作用が含まれていますが、人間の口腔や喉には風邪をはじめとした病気の原因となるウイルスや菌がへばりついています。
このウイルスや菌を、ヨウ素を使って殺すというのがうがい薬の狙いです。
このように、うがい薬に殺菌作用があるのならば、これを使ってうがいをすれば口内に潜む虫歯菌も殺すことができるのでは、と考える人もいるかもしれません。
もっとも、口内には虫歯菌以外にも常在菌がいることを忘れてはいけません。
この常在菌はむし歯の原因となる歯垢を分解してくれるものです。
うがい薬を使いすぎると、常在菌まで殺してしまって、結果的に口内環境を悪くしてしまいかねません。
そのため、むし歯ケアをうがい薬だけで済まそうとするのは大変危険です。

うがい薬は歯磨き前?歯磨き後?

このように、危険性も孕んでいるうがい薬ではありますが、適度に使えばなんの問題もありません。
ただ、うがい薬を使うタイミングには注意したいところです。
先程うがい薬は常在菌も合わせて殺してしまうという話をしましたが、それだけではなく、むし歯ケアに大切なフッ素まで洗い流してしまう可能性もあります。
フッ素は、いわば歯をコーティングしてくれる成分で、大半の市販歯磨き粉に含まれているものです。
これによって、私たちの歯は健康に守られているのですが、仮に歯磨きの後にうがい薬でうがいをしてしまっては台無しになってしまいます。
そうではなく、うがい薬は歯磨きの前にやったほうが良いでしょう。
基本的には外から家に帰ったタイミングでうがい薬を使い、食事を終えたら歯磨きをするというのがベストです。

まとめ

風邪を予防するにはうがい薬だけでは不十分です。
規則正しい生活や手洗いなども必須になるでしょう。
これと同じように、むし歯ケアにはこれさえやっておけば大丈夫という万能の対策はありません。
いくつかの対策を組み合わせるようにしましょう。

8020運動と6024運動の意味と取り組み方

自分の歯を保って健康維持!シニアのための歯のケアアドバイス

コラム一覧に戻る

お問い合わせ・ご予約
(予約優先/急患随時対応)

Tel.076-263-1166 ※電話の当日受付は17:30まで 診療時間/アクセスはこちら