TEL Instagram
Column

コラム

トップ コラム 歯の健康とストレスは関係ある!上手にモヤモヤを発散させよう!

歯の健康とストレスは関係ある!上手にモヤモヤを発散させよう!

会社や学校、家庭の中では、さまざまなストレスがあり心が疲れている方も多いのではないでしょうか。
ストレスと聞くと心が関係していることは思いつきますが、実は歯の健康にも関わってきます。
上手にストレスを発散させることも歯の健康には重要です。
こちらの記事では、歯の健康とストレスの関係や上手な発散方法についてご紹介していきます。

ストレスがなぜ歯の健康に関係するのか

ストレスは、一見歯とは遠いところにある関係性に感じますが、実はつながっています。
ここからは、なぜストレスが歯の健康に関係するのか、詳しくご紹介していきます。

神経経路を影響しがち

ストレスを感じてしまうと、体の中にある神経経路を刺激してきます。
この時、刺激を通して口の中の感覚が過敏になってしまう場合があります。
ほかにも、ストレスで歯を噛みしめてしまうシーンも増えてしまい負担になってしまうのです。

普段の行動ができなくなる

ストレスが大きいと、何もしたくなくなってしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。
これ以上は無理だと思い、通常ではしっかりとできていたことが適当になってしまいやすいです。
毎日の歯磨きも例外ではなく、歯を磨くのが面倒だからいいやという気持ちになってしまい、何もしない日が出てしまうかもしれません。
歯磨きができない日が続くと歯垢が蓄積して悪影響を及ぼします。

ストレス発散は大切

どうしても日々を過ごしていると、ストレスから抜け出すのは難しいです。
自分なりのストレス発散方法を持っておくと良いでしょう。

夢中になるものを作る

最近はアイドルや自分の好きなものの推し活をしている人も多いですが、何か夢中になれるものを探しましょう。
楽しいことが頭の中にあると、多少のストレスは気になりません。
それよりも、夢中な趣味や推し活で頭がいっぱいで、知らないうちにストレスが消えていきます。

ウォーキングをする

ストレスを感じた時こそ、じっとしているのはよくありません。
外の空気を吸いながら、無理のない速度でウォーキングをしましょう。
最初はやる気がなくても、歩いているうちに頭の中が整理できてストレスが軽減されます。
さらに、体を動かすことで心地良くなれます。
無音だと寂しいと感じる時には、好きな音楽を聴きながら腕を振ってウォーキングするとストレス解消になるでしょう。

まとめ

ストレスは、一見歯の健康とまったく関係ないように感じてしまいますが、実はつながっています。
特に歯を食いしばる、歯ぎしりなどにもつながりますし、歯を磨くことができなくなってしまうケースもあります。
普段から、自分なりのストレス解消法を見つけておくと良いでしょう。

歯のホワイトニングをする前に知っておいてほしいこと

健康で長生きしたいならまず歯を健康に

コラム一覧に戻る

お問い合わせ・ご予約
(予約優先/急患随時対応)

Tel.076-263-1166 ※電話の当日受付は17:30まで 診療時間/アクセスはこちら