TEL Instagram
Column

コラム

トップ コラム 歯のホワイトニングをする前に知っておいてほしいこと

歯のホワイトニングをする前に知っておいてほしいこと

歯を白くしたい時には、ホワイトニングをすればいいと気軽に考える方も増えてきました。
もっとも、ホワイトニングにはさまざまな方法が登場しています。
歯科医での専門的なホワイトニングのほか、サロンなどで行われているセルフホワイトニングや市販のホワイトニング剤を用いる方法もあります。
歯のホワイトニングを行う前に知っておいてほしいことをご案内しますので、歯を白くしたいと考えている方は参考にしてください。

セルフホワイトニングは着色汚れを落とすだけ

最近は、エステや整体サロンなど、歯とは無関係な場所でもセルフホワイトニングの機器が設置されていることがあります。
歯を真っ白にしたいと考え、気軽に利用できるセルフホワイトニングを行っている方もいらっしゃるかもしれません。
もっとも、セルフホワイトニングでは歯の表面に付けいた着色汚れ、たとえばコーヒーやワインなどの色を落とすことはできても、今の歯より白く美しくする効果は期待できません。
なぜかというと、セルフホワイトニング剤には歯を白くするための過酸化水素が含まれる薬剤を配合することができないためです。
過酸化水素は歯の表面だけでなく、内側まで漂泊する強力な作用があります。
そのため、歯科医師や歯科衛生士など専門の国家資格を持つ人でないと取り扱うことができません。
セルフホワイトニングでは表面的な汚れしか落とせず、今より白くしたいと思っても効果が期待できない点は理解しておきましょう。

歯科医でのホワイトニングのススメ

歯科医では、歯の内側まで白くできる薬剤を使うことが可能です。
それだけでなく、歯の検診やむし歯治療なども行えるので、歯を美しくするだけでなく、歯の健康維持も同時にできます。
たとえば、歯の着色だと思っていた黒い汚れがむし歯である可能性も捨てきれません。
また、歯周病などなんらかの症状があるのにセルフホワイトニングをすると、痛みが生じるなど、トラブルに発展する可能性もあります。
歯科医では、ホワイトニングをする前に検診を行いますが、むし歯や歯周病などが見つかった場合にはまずは治療が優先です。
むし歯や歯周病などがある状態では、十分なホワイトニング効果も出ないためです。
そのため、本気で白くなりたいなら歯科医に相談しましょう。

まとめ

ホワイトニングにはさまざまな方法がありますが、セルフホワイトニングでは歯科医や歯科衛生士などの専門家が対応できないため、歯を内側まで白くする効果は期待できません。
白く美しくしたいなら歯科医でのホワイトニングがおすすめです。

歯のクラウンの種類と選び方

歯の健康とストレスは関係ある!上手にモヤモヤを発散させよう!

コラム一覧に戻る

お問い合わせ・ご予約
(予約優先/急患随時対応)

Tel.076-263-1166 ※電話の当日受付は17:30まで 診療時間/アクセスはこちら