TEL Instagram
Column

コラム

トップ コラム 乳歯の晩期残存とは?懸念されるトラブルについて

乳歯の晩期残存とは?懸念されるトラブルについて

人の歯は、子どもの時に最初に生えてくる乳歯が自然に抜けて、生涯使い続ける永久歯へと生え変わるようにできています。
この生え変わりはおおむね中学生までに完了するのですが、それ以降も乳歯のまま残るケースがあり、乳歯の晩期残存(ばんきざんぞん)と言います。
この状況は、果たしてどんな問題が懸念されるのでしょうか。

乳歯の晩期残存は問題?

乳歯の晩期残存、もしくは乳歯晩存(にゅうしばんぞん)と呼ばれる状況は、乳歯が一般的な生え変わりの予定より長く残っている状態を指します。
本人にとっては特に大きな問題には感じられないケースも少なくありませんが、通常の歯の成長プロセスに悪影響を及ぼす懸念があるため、一般的には適切な処置が求められます。
抜歯すべきかどうかは歯科医による診断が必要ですが、主に以下のような場合は抜歯が選択されるでしょう。

乳歯の歯根に問題がある

たとえば、乳歯がぐらついている、歯根がすでにないという場合、抜歯して適切な処置をすべきです。
歯根の状況はレントゲン検査でわかりますので、現在乳歯がどのような状況かを確認する必要があります。

下に永久歯がある

乳歯が生え変わる際、乳歯の下にはすでに永久歯が待機しています。
これもレントゲン検査でわかりますが、乳歯の下に永久歯が確認できる場合、乳歯は抜いて永久歯を出してあげたほうが予後が良いです。
自然に生えて来ない場合は抜歯後に矯正治療で引っ張り上げる必要がありますが、いずれ生えてきます。

乳歯がむし歯にかかっている

乳歯がむし歯になっていたり変色していたりする場合、永久歯と同じような治療は難しいです。
抜歯して適切な治療を行うことが勧められます。

永久歯がない場合抜歯後はどうなる?

乳歯の下に永久歯があれば良いですが、ない場合はその隙間にどのような治療をすべきかいくつかの選択肢があります。
一概に言えませんが、インプラントやブリッジを施したり、入れ歯で補ったりする治療が選択される可能性が高いでしょう。
もしスペースが非常に狭い場合は、矯正で隙間を閉じるという選択肢も考えられます。
どの場所に生えていたかでそれぞれ治療は異なりますし、人によって千差万別のためあらかじめ歯科医と相談が必要です。

まとめ

乳歯の晩期残存は、多くの場合は抜歯による治療が推奨されます。
ただ、もし乳歯に異常や問題がなく、歯根も十分にありぐらつきなどもない場合は、代替永久歯として生涯使い続けることも可能です。
いずれにしてもレントゲン検査で状況を確認し、歯科医と相談することが大切です。

むし歯予防に役立つこれだけ押さえたいポイント

妊娠中の歯のケアにおける注意点と対策をご紹介

コラム一覧に戻る

お問い合わせ・ご予約
(予約優先/急患随時対応)

Tel.076-263-1166 ※電話の当日受付は17:30まで 診療時間/アクセスはこちら