TEL Instagram
Column

コラム

トップ コラム 妊娠中の歯のケアにおける注意点と対策をご紹介

妊娠中の歯のケアにおける注意点と対策をご紹介

普段はそこまでむし歯がなく歯の悩みを抱えたことがない方でも、妊娠中は変わってきます。
しっかりと予防をしておかないと、大切な歯を妊娠中に失ってしまう治療をしなければいけなくなるため注意が必要です。
こちらの記事では、妊娠中の歯のケアにおける注意点と対策についてご紹介していきます。

妊娠中の歯のケアにおける注意点

妊娠中は、普段と体の環境が変わります。
ここからは、歯のケアにおける注意点についてご紹介していきます。

女性ホルモンが増加しやすい

妊娠中は、普段の時に比べて女性ホルモンが増加しやすくなっています。
そのため、歯周病の原因となる菌も増えやすくなり、口の中の環境が変わります。
中には、いつもより歯ぐきから出血が起こりやすいのも特徴です。
唾液も妊娠前に比べて粘性が高まります。

辛くて歯磨きどころではなくなる

中には、妊娠中そこまでつわりなどもなく、普段と生活が変わらない方もいます。
しかし、ほとんどが妊娠をすると初期の段階でつわりが起きることが多く、とにかく気持ち悪い状態が続きます。
普段であれば歯磨きが日課になっている方も、つわりでそれどころではなくなる方も多いです。
多少歯を磨かないからといって変わるわけではないと、そのままになってしまう危険性があります。
妊娠中は女性ホルモンが増え、口の中もむし歯になりやすい状態です。
そのままにしておくと口の中の環境が悪化し、予期せぬむし歯や歯周病の原因になってしまいます。

妊娠中の対策方法

妊娠中には歯のケアをどう対策したらいいのでしょうか。
その方法もいくつかご紹介していきます。

食べたら磨くを意識する

ご飯を食べたらそのまま横になるのではなく、すぐに磨くことを意識しましょう。
確かに、初期の頃はつわりで辛いですが、安定期に入ってくると落ち着く方も多いです。
その時には、食べたらすぐに磨くようにし、歯垢を落とすようにしましょう。
歯だけでなく、歯と歯ぐきの間をマッサージするように磨くのもポイントです。

磨けない時はうがいをする

どうしても具合が悪く、歯を磨けない時も出てくるでしょう。
その時は無理しなくても良いですが、ぶくぶくとうがいをするだけでも変わってきます。
簡単でもいいので、口の中をきれいに保つためにもうがいをして汚れを取れるだけ排出しましょう。
気分が良くなってきたら、歯ブラシも使って磨きましょう。

まとめ

妊娠中は女性ホルモンによって体の環境が変わり、むし歯にもなりやすくなります。
いつも以上に歯磨きを頑張らなくてはなりません。
食べたらすぐ磨くことを心がけ、つわりの時で苦しい時はぶくぶくうがいをしましょう。

乳歯の晩期残存とは?懸念されるトラブルについて

歯並びをきれいにする矯正歯科や審美歯科

コラム一覧に戻る

お問い合わせ・ご予約
(予約優先/急患随時対応)

Tel.076-263-1166 ※電話の当日受付は17:30まで 診療時間/アクセスはこちら