TEL Instagram
Column

コラム

トップ コラム むし歯の初期状態にいち早く気づくには?初期むし歯の対処法

むし歯の初期状態にいち早く気づくには?初期むし歯の対処法

むし歯は、できれば痛みが生じる初期の状態で気付きたいものですが、結局痛みが感じた頃は初期の状態はとっくに通り越しています。
では、初期むし歯に気づく方法はあるのでしょうか。

初期のむし歯とは

むし歯というと、削らなければならないので、大人でも苦手だと感じられる方も多いのではないでしょうか。
しかし、むし歯の初期の状態ならば、削ることなく治療できることもあるのです。
痛みが出た頃のむし歯は、もうすでに進行したむし歯ですので手遅れです。
そのため、できるだけ早く初期むし歯に気付くことが必要です。
ただ、痛みがわからないのに初期のむし歯を見分けることができるのでしょうか。
歯をよく見ると歯の表面がくすんでいることや白くなっていることがあります。
これは、C0というごく初期の状態で歯がちょっとずつ溶けてきている状況です。
これがまさに、初期のむし歯の状態にあります。

むし歯の初期なら削らず治療可能

この溶けてきているC0の初期むし歯状態が脱灰という状態なのですが、一方で私たち人間の唾液は、この溶けてしまった表面を修復する作用が働くようになっており、再石灰化というものです。
フッ素を塗布することで、歯を強くするだけでなく、酸を抑えることや再石灰化を促す効果が期待できます。
そのため、しっかりと歯磨きをすること、フッ素を塗布することで初期のむし歯を治療することが可能です。
また、シーラントという方法もあります。
歯をクリーニングした後に薬品を付けてシーラントと呼ばれるフッ素が含まれたものを流し込んでレジンで固めるものですが、これもむし歯予防に役立てることができます。

初期のむし歯に気づくにはどうしたら良い

痛みがわからないのであれば、見なければわかりません。
口の中を自分でセルフチェックして、毎日隅々まで白くなっている部分を見つけられるかといったら、それもなかなか見つけられない方もいらっしゃることでしょう。
歯科クリニックでは予防歯科を行っています。
お口の健康を末永く維持するために、検診・クリーニングを定期的に行っていますので、積極的に通うようにしましょう。
当院でもしておりますので、お気軽にお越しください。
ブラッシングの仕方なども教えてほしいという場合は指導させていただきます。

まとめ

初期のむし歯は、痛みのない削らないでも治療できる状態です。
ぜひ定期メンテナンスと日頃のブラッシングと歯のセルフチェックで歯の健康を日々チェックしてみましょう。
万が一できた場合は、すぐに歯科クリニックに相談ください。
適切な治療を提案させていただきます。

むし歯になりやすい年齢っていつ?

むし歯治療の選択肢と注意点について

コラム一覧に戻る

お問い合わせ・ご予約
(予約優先/急患随時対応)

Tel.076-263-1166 ※電話の当日受付は17:30まで 診療時間/アクセスはこちら